アロマセラピーハワイ

アロマテラピー(Aromatherapy)という言葉は、

フランスの科学者ガットフォセが、実験中の事故でやけどを負い、

偶然、手元にあったラベンダーのエッセンシャル・オイル(精油)にその手を漬けたところ

火傷は悪化するどころかびっくりするような速さで治ってしまったのです。


精油は傷を癒すだけでなく、

消毒、 鎮痛作用、体の免疫力を高めることも発見
この効能を自ら体験して、

この自然療法をアロマテラピーと命名したのが始まりでした。

70年代イタリア、ミラノ大学教授パオロ・ロベスティが

ベルガモット、オレンジ、レモンなど
地元原産の果物から抽出したエッセンスを精神治療剤として用いた例があります。


オイルの香りは、患者の心に悪影響をもたらしていた抑圧された記憶や感情を呼び覚まして
解放させたとロベスティは述べました。


不安を取り除くエッセンシャルオイルは、

他にもマジョラム、サイプレス、ローズ、ラベンダーがあがっていて、

心に悪影響をもたらしていた抑圧された記憶や感情を呼び覚まして

解放させた精神治療剤として用いた例があり香りをかぐと

精神に効果を及ぼすことを実証されたました。

エッセンシャル・オイルは

数千年も前エジプトから治療や宗教儀式など

に使われていて
ミイラ作りにも欠かせないアイテムでした。


パイン、シダーウッド、ミルラ、シナモン等の自然の芳香植物の香りには
腐敗や腐食を遅らせる力があることがわかっています。
1922年にツタンカーメンの墓を開いたときに、

考古学者たちは寝り香の壷を発見し、
それをあけてみたらまだフランキンセンスの香りがのこっていたということです、

神秘的ですね。

エッセンシャル・オイルは、

植物の花や葉、樹脂、樹果・果皮、樹皮、根、果実など

から抽出した天然の素材で、

有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。

植物のなかでハーブ(芳香植物)といわれるものが約3500種類、

そのなかで精油のとれる植物は約200種類あります。

 

植物から抽出される精油の量はとても少なく例えば1トンの

ラベンダーから3リットルしか精油がとれませんし、

ローズの精油1滴をとるのに約50本分のバラの花びらが必要と言われています。

自然界に存在するときは1%程度のものが、蒸留、濃縮されているので

使用の際もやはり1%程度に希釈して使用することが大切です。

 

ひとつの精油だけでもいろいろな効果が期待できますが、

数種類をブレンドすればさらに相乗効果がアップします。

まず香りは鼻から脳の中枢でありホルモンや免疫系の

分泌をつかさどる大脳辺縁系に働きかけ心身をリラックスさせます。

効うつ作用、頭痛や生理痛の緩和などの効能

そして皮膚をとおして身体に浸透し、

血液やリンパの流れを活発にして新陳代謝を高め

自律神経を調整しホルモンのバランスを整え、

体内の活性酸素や老廃物を取り除き、

臓器の働きを正常にします。

体内で約、75時間(3日 間)とどまり各臓器に作用します。

最終的には尿や汗、呼吸を通じて対外に老廃物、毒素が排泄されます。

施術後は、いつもより倍以上のお水を摂取するのはとても重要です、

細胞がすみずみまで活性化され美しく蘇えります。

アロマテラピーを行えない方*注意事項

◎高熱のある方、高血圧の方、痛風、リューマチの方
◎妊娠している方
◎重度の糖尿病の方
◎重度の骨粗症の方
◎伝染病にかかっている方
◎足に重度の水虫や炎症のたある方
◎足に怪我、捻挫などの異常がある方
◎医師による治療を受けている方